トランクルームの種類とその収容物

土地有効活用におすすめのトランクルーム|トップ > トランクルームの種類とその収容物

用途いろいろ!トランクルームの種類

トランクルームは大きく、コンテナボックス・バイクボックス・収納物に特化したボックスの3つに分けられます。トランクルーム経営をお考えの方はぜひ参考にしてください。

コンテナボックスとしてのトランクルーム

もっとも一般的なのが、空き地や遊休地にコンテナボックスを設置したトランクルームです。収納物にもよりますが、トランクルームの中は温度変化が大きいので、日当たりが強い土地の場合は空調を付けることをおすすめします。

収納物の例
スキー・スノボ用品、DIY用品など

バイクボックスとしてのトランクルーム

大型バイクや高級バイクのための保管スペースとして利用されているトランクルーム。近年、バイク愛好家たちに、盗難・イタズラや風雨から守るために利用される機会が増えています。まだまだ数が少ないのが現状ですが、都心のマンションやアパートなど近くに駐輪場がない土地では需要が見込めるでしょう。

収納物の例
バイク

収納物に特化したトランクルーム

温度や湿度、セキュリティなど特殊な環境での管理が必要なものを保管できるようにするトランクルームです。空調や温度湿度計、防犯カメラを設置することで、収納物に適した環境で保管できます。

収納物の例
湿度管理が重要な本・書籍、衣服、温度管理の難しいワインなど

ページの先頭へ戻る