マンションvs駐車場vsトランクルーム

土地有効活用におすすめのトランクルーム|トップ > マンションvs駐車場vsトランクルーム

土地活用方法を徹底比較!気になるコストやリスクの違いは?

土地活用方法はさまざま。所有している土地をどう活用しようか迷われている方も多いのではないでしょうか?
以下では代表的な土地活用方法である、マンションや駐車場の経営と、トランクルーム経営のコストや適正を比較してみました。ぜひ参考にしてください。

コスト・回収期間を比較

  初期費用 管理費用 回収期間
トランクルーム 初期投資額が安い。 電気や水道、ガス、などの設備が不要で、メンテナンス費用がほとんどかからない。 収益が安定しやすく、初期投資額の回収期間が約1年強と短い。
マンション・
アパート
初期投資額が高い。 美観や機能を保つために、設備の点検・交換、改修工事などが必要。管理会社に委託する場合は委託費用がかかる。 初期投資額が高く、回収には時間がかかる。
駐車場 初期投資額が安い。 電気や水道、ガスなどの設備が不要なため、メンテナンス費用がほとんどかからない。 もともと収益性が低い。また競合が多いため収益が安定しにくい。

土地活用の適正を比較!

  土地の条件 需要とリスク 管理経験
トランクルーム 変形地や狭小地でも活用できる。コンテナボックスを連結することで土地をムダなく活かせる。 収納の需要が高い。不動産に比べて安定した稼働が見込める。 手間が少なく、管理経験がなくても大きな問題はない。加盟店として経営すれば、サポートも受けられる。
マンション・
アパート
ある程度規模の大きな土地が必要。 比較的安定した需要があるが、競争が激しく空室のリスクが高い。 管理会社に委託すれば問題ないが、自分で行う場合は専門知識が不要。
駐車場 変形地や狭小地でも活用できる。立体駐車場にする手段もある。 需要が比較的安定している。 マンションに比べると管理はラク。アイドリングストップによる騒音などのクレームや、車上荒らし・盗難などがあった場合には対応が必要。

安定した利益を得たいならトランクルーム経営!

トランクルーム経営は、土地活用方法としてはあまり一般的ではありませんが、土地を選ばず、少ない投資ではじめられ、初期投資額の回収期間が短いのが特徴です。
大きな土地がある場合はマンション経営、競合が少ない土地なら駐車場の経営もそれなりの収益を見込めますが、今の時代にそうした土地を余らせている方はわずかでしょう。
条件の良くない土地を活かすなら需要やリスクなどをふまえても、今はトランクルーム経営を選ぶのが得策です。

ページの先頭へ戻る